2015年04月03日

「Floating Study House」進捗状況

11030318_802006229892816_7758099254946346075_n.jpg

10363589_802006569892782_7307703444516385852_n.jpg

10003512_802006313226141_3691980337115484654_n.jpg

11082639_802006616559444_2425982406005690790_n.jpg

10472741_802006596559446_5324511546389070785_n.jpg

木村茂伸さんのFBより転載させて頂きました。

Floating Study House
地盤改良から、配筋検査と順調に進んでいます。

建築家:木村茂伸さんは「タイトルのFloating Study Houseは浮いている書斎がある、という意味。開放感のある吹き抜けがあり、床には高さの差を設けました。キッチンは居間から一段下がっています。中三階のような形で2階のさらに上にある書斎が浮いているようになっているのが見所です。また南側にはウッドデッキを設けます。」と話してくれました。

「Floating Study House」

新築工事
□設計監理:建築家・木村茂伸さん(木村建築設計事務所)
□施工:株式会社 創和建設

地鎮祭の様子はこちら
posted by 和歌山の建築家20 at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 木村茂伸さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック